調剤薬局薬剤師の求人がおすすめ

調剤薬局薬剤師の求人がおすすめ



薬剤師の資格を取得している人の中で、特に人気がある就業先として調剤薬局を挙げることができます。 できるだけ、管理薬剤師の仕事とは関係がない業務はやりたくないということで、ドラッグストアの勤務だけは避けて、調剤薬局のみの勤務を希望する人もいるくらいですので、それだけ人気が高い仕事だといえそうです。

ところで、薬剤師は調剤薬局で働くのが一番良いのでしょうか。人によって考え方や働き方に違いがあるため、一概に良いと言い切ることはできませんが、まずは調剤薬局で働くメリットデメリットについてみていくことにしましょう。

最初にメリットについてですが、他の業種と比較すると初任給が高く設定されており、その後も収入が安定していることが挙げられるでしょう。 しかし、デメリットとしては、大きく収入を伸ばすことができないということがあります。元々、ある程度の収入が得られて、やりがいのある仕事を続けていくことが出来れば良いと言う人であれば、文句のない仕事だといえるでしょう。

ただし、キャリアだけではなく、経験や知識を高めて業務に活かしていった分、収入や待遇もより良い内容に変えていきたい人にとっては、1つの調剤薬局で長く働くという働き方は、向いていないと言えそうです。 とはいえ、薬剤師のスキルを高めたいのであれば、調剤薬局は大変勉強になります。
保健師の転職に強い求人サイトは?

あまりにも暇な調剤薬局だと、そこまで学ぶことは多くはないかもしれませんが、比較的大きな調剤薬局であれば、処方箋の数がかなり多いため、様々なことを学ぶことが出来るでしょう。 このように、薬剤師は調剤薬局で働くのが一番なのかどうかについて解説していきましたが、結局のところ個人差があることが分かります。求人活動には調剤薬局薬剤師の求人サイトを活用するとよいでしょう。

ある人にとっては、一番良いと思っても、別のある人にとっては一番とは言えないこともあるということです。 ただし、いずれの場合も共通していることは、スキルを高める職場として適しているということでしょう。大手の調剤薬局でなければ転勤もありませんし、ある程度経験を積んだ状態であれば、転職先を見つけることも難しくはないといえます。

ブランクのある看護師の復職について

結婚や出産、育児が理由で数年のブランクのある看護師がもう一度、看護師として復帰したいと思う方が多いです。 とはいえ、数年のブランクを持つ看護師には、不安や悩みもあります。

ここでは、ブランクのある看護師がどんな不安や悩みを持っているのか、失敗せず復職するためにはどうすればいいのかを紹介していきます。

<<ブランクのある看護師の不安や悩み>>

ブランクのある看護師にありがちな悩みには以下のものがあります。

・ブランクが長かったがやっていけるか
・最新の医療技術やサービスについていけるだろうか
・家庭を両立できるか

以前看護師として働いてたとはいえ、長い間仕事から離れてしまっていると、スムーズに状況を判断して動けるのか、最新の医療技術についていけるのかといった悩みを持つ看護師が多くいます。

そんな看護師のために復職をサポートしてくれる復職支援があるので紹介します。

<<再就職研修・復職支援研修について>>

研修は、最新医療・看護に関する講義と採血や注射などの実習をメインとして、その人のスキルに合ったプログラムを選択して受講します。 また、その人の勤務条件やライフスタイルに合った職場紹介や就業相談もしてくれます。

<復職研修の探し方>

・各都道府県のナースセンターやナースプラザ

離職中の看護師を対象とした講習を定期的に行っています。 こういったサービスは全て無料です。

・復職研修を行っている病院

看護師不足の現在、どの病院も一人でも多くの看護師を採用したいため、ブランクのある看護師が復職しやすいように復職支援制度が整っている病院が増えてきています。

こういった研修がある病院は、大病院にある場合が多いので、またバリバリ働きたい方には復職支援制度が整っている病院を選んでみてはどうでしょうか?

<参加資格>

・看護師・准看護師、保健師、助産師の資格を持っている ・現在離職中
・就職が決まってない
・研修を受ける地域で勤務を希望

ここまで復職支援について詳しく説明してきました。

せっかく復職できたのに、こちら側が出した勤務条件や面接の話し合いとは異なる働き方を強要されることもあります。また、期待していた復職支援もなく希望していた科とは違うところに配属されることもあり得ます。

ブランクのある状態で、経験も少ない中で働く必要があり、結局合わず辞めてしまうというケースもあります。 復職を失敗しないためにも、復職支援制度が整っている病院なのか、自分の条件に合う病院なのかしっかり調べておくことが大切です。

他にも、看護師求人・転職サービスの中に再就職を考えている看護師のための復職研修を行っているので利用してみるのもいいです。

夜勤は男性看護師にオススメ?

看護師の勤務形態にはいくつかパターンがあり、多くの病院では3交代制または2交代制での勤務になります。その一方で最近ではプライベートを充実させたい、生活スタイルを変えたいという理由で日勤のみや夜勤だけで働きたいという看護師もいます。

そこで、今回は求人数も増え人気の高い夜勤専従について紹介していきます。 まず、人気の理由について見ていきます。

<<夜勤専従の人気の理由とは?>>

看護師には1ヶ月に夜勤勤務を72時間以内に抑えるという72時間ルールがあります。2交代制の場合は月に4回、3交代制の場合は月に9回が上限になります。 1ヶ月の夜勤勤務が72時間以内で抑えなければならないと、多くの看護師が必要です。

そこで夜勤の看護師不足を解消してくれるのが夜勤専従の看護師です。名前の通り夜勤専門で働く看護師なので看護師不足の現在、求人が増えてきています。

夜勤専従の人気の理由に挙がるのが、給料が高いことです。深夜勤務手当が出るので、通常の勤務で働いてる看護師に比べて給与が高いのです。 とはいえ、夜勤では生活パターンが昼と夜が逆転してしますし、体力的にも不安を感じるかと思います。

合う合わないがあるので、夜勤は苦手という方にはオススメできませんが、3交代制や2交代制のようにランダムなシフトとは違い、固定されたシフトなので生活リズムが一定しています。

また、1回の拘束時間が長いため、1ヶ月あたりの勤務日数も少ないのです。なので、休日も多くプライベートの時間も増えますし、しっかり休息することができることからも人気の1つです。

夜勤専従の求人が増えて人気があるとはえ、夜勤の仕事は体力がなくては働くのは難しいです。そこで多く求められているのが男性看護師です。 次になぜ、夜勤専従で男性看護師が求められてるかについて見ていきます。

<<夜勤専従は男性看護師が向いてる?>>

夜勤の仕事は、病棟の見回りや点滴の交換、寝たきりの患者には大勢を変えてあげるなど日勤と仕事内容は変わりません。しかし、昼間より人数が少なくなるため、やはり体力的に大変です。また、不穏(せん妄)状態の患者もいるので、突然大声を上げて暴れだすなど他の患者に迷惑がかからないよう注意する必要があり、心身ともに大変です。

このような不穏患者の対応はやはり恐怖感があるので、男性看護師が1人でもいてくれると女性看護師は安心して仕事をできます。

看護は女性ばかりの世界なので、男性看護師には肩身が狭くなってしまいます。また、日勤看護師では給料も少ないことが多く、女性看護師と違って家庭を持つとなると、それなりの収入がないと生活も厳しいでしょう。結婚も視野に考えてるとなると、給与が高いことにこしたことはありません。

今よりも給与アップしたい、稼ぎたい男性看護師にはオススメです。 他に、夜勤は看護師の人数が少ないので人間関係の問題もなく働けます。

夜勤専従の求人の人気の理由、男性看護師に向いていることについて見ていきました。

「勤務日数が少ないのに稼げる」などの簡単な理由で転職を決めてしまうと後で後悔することになります。また、体力に自信があってもしっかり生活リズムを整える必要があります。体調を崩して結局、辞めなければならなくなってしまう場合も考えられます。

長期間働くためにも、転職サイトなどの求人を利用して自分に合った職場を見つけていきましょう。

↑ PAGE TOP