調剤薬局薬剤師として働く良い点・悪い点!

調剤薬局薬剤師の求人がおすすめ

薬剤師の資格を取得している人の中で、特に人気がある就業先として調剤薬局を挙げることができます。 できるだけ、管理薬剤師の仕事とは関係がない業務はやりたくないということで、ドラッグストアの勤務だけは避けて、調剤薬局のみの勤務を希望する人もいるくらいですので、それだけ人気が高い仕事だといえそうです。

ところで、薬剤師は調剤薬局で働くのが一番良いのでしょうか。人によって考え方や働き方に違いがあるため、一概に良いと言い切ることはできませんが、まずは調剤薬局で働くメリットデメリットについてみていくことにしましょう。

最初にメリットについてですが、他の業種と比較すると初任給が高く設定されており、その後も収入が安定していることが挙げられるでしょう。 しかし、デメリットとしては、大きく収入を伸ばすことができないということがあります。元々、ある程度の収入が得られて、やりがいのある仕事を続けていくことが出来れば良いと言う人であれば、文句のない仕事だといえるでしょう。

ただし、キャリアだけではなく、経験や知識を高めて業務に活かしていった分、収入や待遇もより良い内容に変えていきたい人にとっては、1つの調剤薬局で長く働くという働き方は、向いていないと言えそうです。 とはいえ、薬剤師のスキルを高めたいのであれば、調剤薬局は大変勉強になります。
一般社団法人 栃木県薬剤師会

あまりにも暇な調剤薬局だと、そこまで学ぶことは多くはないかもしれませんが、比較的大きな調剤薬局であれば、処方箋の数がかなり多いため、様々なことを学ぶことが出来るでしょう。 このように、薬剤師は調剤薬局で働くのが一番なのかどうかについて解説していきましたが、結局のところ個人差があることが分かります。求人活動には調剤薬局薬剤師の求人サイトを活用するとよいでしょう。

ある人にとっては、一番良いと思っても、別のある人にとっては一番とは言えないこともあるということです。 ただし、いずれの場合も共通していることは、スキルを高める職場として適しているということでしょう。大手の調剤薬局でなければ転勤もありませんし、ある程度経験を積んだ状態であれば、転職先を見つけることも難しくはないといえます。