感染制御専門薬剤師の役割とその重要性

感染制御専門薬剤師の役割とその重要性

感染制御専門薬剤師は、日本病院薬剤師会が認定する専門資格です。この専門薬剤師の資格を得るには、まず、日本病院薬剤師会が認定する感染制御認定薬剤師の資格を得るいつ用があります。そして、この感染制御認定薬剤師の中から感染制御専門薬剤師が選ばれます。

ひとくちに感染症といっても様々なタイプのものがあり、感染症が原因で大勢の方が亡くなっています。また、発展途上国ばかりではなく、先進国においても結核やマラリアの患者は発生しています。それから、エイズなどの感染症に関しては、現在もなお適切な治療法が見つかっていません。

そのため、薬学の専門知識と技術が、感染症治療に生かされることが期待されています。 病院では、感染制御専門薬剤師、インフェクションコントロールドクター、感染症専門看護師、その他の専門家などで医療チームを作り、感染症の治療に当たります。

感染制御専門薬剤師は、抗菌薬や抗生物質に関して高い専門知識を持たなければなりません。医療技術の進歩に伴い、感染症に用いる薬の種類も増加し続けています。感染制御専門薬剤師は、新薬についての知識を取り入れ、強い効果を持つ薬剤に関しては副作用のリスクについても知っておかなければなりません。

管理薬剤師は、それぞれの薬の特徴を把握し、効果と副作用のリスクも考えながら、慎重に患者に投与します。感染症の治療のほとんどは薬物治療であるため、医療チームの中でも感染制御専門薬剤師が果たす役割は大きいです。 医薬分業が進んでいることもあり、薬剤師の役割はどんどん重要になっていくことが予想されます。

そして、感染症が怖いと言われているのは、合併症を起こす危険性があることです。合併症を併発することで、患者が急変するケースも少なくありません。この場合も、抗生物質の適切な投与により、患者を救うことができます。薬剤師は、患者への投薬状況を詳細にわたって記録し、投薬量が適切であるかどうか、常に確認することが大切です。

↑ PAGE TOP