薬剤師が年収を上げるためのポイント

薬剤師が年収を上げるためのポイント

薬剤師の年収は、良いと感じている方もいれば、悪いと感じている方もいらっしゃいます。他業種で働く方から見ると、薬剤師の給与・年収は高めに映ることも多いようですが、薬剤師業界においては、給与に不満を持つ方も少なくありません。

これは「労働に見合った給与を得られない」「免許取得までにかかった学費・費用を考えるとコストパフォーマンスが悪い」といった、相対的な考えによるものが多いようですが、現実問題として、給与に不満を持って離職・転職する方の割合は、他業種と比較しても高めとなっています。

また、薬剤師の活躍の場は広がりを見せてはいますが、現状勤務先はある程度決まっています。しかしながら、どのような地域のどの職種に就職するのか、という点で給与に差がつくことも少なくありません。

同じ大学を卒業しているにも関わらず、勤務先によって、初任給からいきなり数万円~十数万円もの差が生じた、といった声も良く聞かれます。さらに、管理薬剤師は都心部よりも地方、特に過疎地の方が収入が良い傾向にあるという点も見逃せません。

いずれにしても、一旦就職した以上は、給与に不満を持っていても即退職するわけにはいきません。転職を検討する場合も、すぐには実行に移せないため、年収アップを目指した転職を希望する際には念入りな準備が必須となります。

薬剤師が年収をアップさせるために必要なことは、なんといっても薬剤師としてのスキルを向上させることにあります。特に、企業勤務の薬剤師の場合は、能力が昇給や年収に色濃く反映されます。そのため、転職を検討する場合は、まず自分の武器となるスキルを磨くことから始めておきたいところです。

また、近年、薬剤師には高いコミュニケーションスキルやヒューマンスキル求められるようになってきているため、人との繋がりを広げ、交渉術を磨いておくと、収入アップのための転職に有利に働くことでしょう。

さらに、年収アップを考慮して転職先を選択する場合は、職種・業種による年収の上がり方をチェックしておくのも重要です。初任給は高いが昇給がほとんどない、という勤務先も存在しますので、長い目で見て転職先を選別することも必要となります。

↑ PAGE TOP