薬剤師の仕事の現状

薬剤師の仕事の現状

薬剤師は、患者さんが安心かつ有効に薬を服用できるよう指導を行い、薬剤師法に従って薬を取り扱う専門家です。 薬剤師の主な仕事・業務には以下のようなものがあります。

調剤:医師の処方箋に基づき薬の調剤を行う
医薬品管理:病院や薬局などにおいて、医薬品の品質管理・在庫管理・購入を行う
服薬指導:患者さんが調剤された薬を正しく服用できるよう、服薬方法や薬の効能、注意事項などを説明する。 これらの業務は、医療の現場においてとても重要な役割を担っています。

近年、国内では医薬分業が進み、医師に「かかりつけ医・担当医」という考えがあるように、薬剤師も「かかりつけ薬剤師・行きつけの調剤薬局」という存在が求められてきています。 薬剤師は、今まで以上に患者さんを深く理解し、服薬指導などの業務において信頼関係を作り上げていくことが求められているのです。

また、医薬分業によって病院内における薬剤師の立場・働き方も変化を見せています。 以前は病院内で調剤を行い、受付などで服薬指導を担当していた管理薬剤師ですが、最近はチーム医療の中で医師や看護師と連携を取り、より能動的・主体的に医療に携わるようになってきています。

これらのことを考えるに、薬剤師は薬の専門家・スペシャリストとして、その重要性はどんどん高まりを見せていくと言えるでしょう。 加えて、薬剤師の役割や働き方が変化を見せているのに合わせて、勤務先や活躍の場も広がりをみせています。

従来であれば、薬剤師の勤務先は薬局・病院というイメージが強かったのですが、最近は他の分野での需要も高まっています。 例えば、製薬会社では薬の研究・開発、臨床試験、営業・販売といった分野で薬剤師を求めていますし、食品メーカーや化学薬品メーカー、化粧品メーカー、健康食品会社などでも薬剤師の専門的な知識や経験を求めています。

このように、薬剤師の勤務先は広がりをみせており、病院や薬局での経験を活かして他分野で活躍をみせる方の数も増えてきています。

↑ PAGE TOP