薬剤師になるための前提条件とは?

薬剤師になるための前提条件とは?

薬剤師になるためには、国家試験に合格し、薬剤師免許を取得する必要があります。 また、薬剤師国家試験を受験するには、薬科大学又は薬学部の薬学科(6年制)に入学し、専門教育を修めて卒業をする必要があります。

つまり、上記以外の大学・短大、専門学校を卒業しても、薬剤師になる事はできません。 薬科大学・大学の薬学科で正規課程を修了して卒業すること。これが薬剤師になる前提条件なのです。

薬科大学や大学の薬学科では、国家試験をクリアすることを目標とするカリキュラムが入っており、一般的には6年生3月に薬剤師国家試験を受験し、合格後、4月から管理薬剤師として病院や薬局、企業などで働くという流れになります。

なお、薬剤師国家試験は年に一度、3月に行われるだけのため、不合格の場合、再受験は翌年となります。 薬科大学及び大学の薬学科は、平成18年(2006年)に4年制から6年制になりました。

実は「行政機関への就職を希望している」「薬剤師として活躍するのではなく、薬学の研究に携わりたい」といった方に向けた4年制課程を用意した薬学部も存在するのですが、このタイプの薬学科を卒業しても、薬剤師国家試験の受験資格は得られません。

また、6年制が導入されたことにより「医療薬科系」の科目数の増加、病院・薬局での実務実習が「一ヶ月~一ヶ月半」から「五ヶ月」へ変更されるなど、教育内容に大きな変更が見られます。

このことから、今まで以上に「医療の現場で患者さんと密に対応できる薬剤師」が求められていることが伺えます。 今まで、薬剤師の就職先と言えば病院や薬局が中心でしたが、近年、その活躍の場は広がりをみせています。

例えば、製薬会社であれば「創薬(研究職)、開発担当者、MR(医薬品情報担当者)、PMS(安全性情報担当者)」、行政機関であれば「廃棄物処理に関する指導、食品衛生指導、麻薬・薬物の取り締まり」など、従来とは違った形で、様々な業務に携われるようになってきています。

↑ PAGE TOP